太陽光発電の新しい買取制度

平成21年11月1日から「太陽光発電の新たな買取制度」がスタートするんだって。

太陽光発電は、太陽があればどの地域でも利用できるし、使ってもなくならないエネルギー。
そして、発電中には二酸化炭素を出さないから、世界中で普及が期待されているんだ。
でも、太陽光発電を付けるのにはお金が掛かるので、あまり導入が進まなかったんだ。

太陽光発電は太陽の力で電気を作るから、晴れた日の昼間にたくさん発電するよね。
太陽から作られた電気は、太陽光発電を付けているお家や会社で使われるんだけど、使う量よりも多く電気が作られるとお家や会社で電気が余るよね。
その余った電気を電力会社に売ることができるんだ。
これまで余った電気は1キロワット時あたり24円くらいで買われていたんだけど、11月から日本でも新しく始まる買取制度では、今後10年間はこれまでの2倍くらいの値段(1キロワット時あたり48円)で買ってもらえるんだって。

この制度が始まると、太陽光発電を付けている人はたくさん電気が売れればトクになるから、太陽光発電を付ける人が増えるだろうって期待されているんだ。
代わりといってはなんだけど、電力会社は買取に掛かるお金が増える分は、電気を利用者しているみんなで払うんだって。

太陽光発電の設置コストを回収するには、国の補助制度(平成21年1月から開始)を利用しても26年程度かかると言われていたけど、
この制度によって、7年程度は短くなるんじゃないかなって言われてるんだ。
また、鳥取県内では、県との連携により補助制度をつくる市町村が増えていて、これらを利用すると、市町村によって差があるけど、1年~最大6年程度短くなりそうだよ。(※)

途中からむずかしくなってきちゃったけど、要するに太陽光発電を付けるとこれまでよりトクが増えるってことなんだね。
将来は太陽光発電を今の20倍に増やそう!って言われているから、太陽光パネルがもっともっとたくさんになるのかな。想像したらちょっとすごいなと思ったよ。

(※)回収年数は一定の条件を想定したもので、実際の回収年数は、個々のケースにより異なりますので、ご注意ください。

お日様の力って偉大だね。


【参考】
経済産業省「太陽光発電の新たな買取制度」ホームページ
国の住宅用太陽光発電補助金の紹介(環境立県推進課ホームページ内) ↓↓よろしければ、クリックを!! コメント(右下から)もお願いします。
ranking banner にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ

comment

Secret

プロフィール

ecotoripy QRコード 

Author: ecotoripy  home
エコトリピーです!!エコな生活をしてTEAS(テス、鳥取県版環境管理システム)III種を取得しました。
鳥取県公式アカウントです。 

u-japanベストプラクティス2009に選ばれました toritter
FC2カウンター
   【RSS】
↓よろしければ、クリックを!!
人気ブログランキングへ banner   にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 ◆イベントカレンダー  【登録】
環境関係リンク
カテゴリー
twitter
エコトリピー美術館
エコトリピー美術館
ブログ内検索
最近の記事
エコトリピーMap(マップ)
トリピーのエコ活動をMapで表示 mapicon mapicon アイコン
環境ニュース by Asahi.com
パラパラ電子本
エコかるた パラパラ電子本へ
トリピーのCO2排出量計算
消費電力: kw/h
都市ガス: m3
灯   油: L
ガソリン: L
最近のコメント
リンク集
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

環境イベント・活動情報投稿コーナー
身近で行われている環境イベント・活動をお寄せください。
ここをクリックして投稿してください。
メールフォーム
ブログへの投稿は、次のフォームからお願いします。また、画像を添付したい場合は、メールでお願いします。宛先はecotoripy@live.jpです。

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログの運営
このブログは、鳥取県生活環境部環境立県推進課が運営しています。 tel:0857-26-7205
mail:kankyourikken@pref.tottori.jp    サイトポリシー
Copyright (C) 2008-2009 Tottori Prefectural Government. All rights reserved.
QRコード
このブログは携帯電話からもアクセスできます
QR