FC2ブログ

スプレー缶やカセットボンベは中身を出し切ってから廃棄してね! 

   みんな~ 今日は「大切なお知らせ」するね(=゚ω゚)ノ


最近、スプレー缶やカセットボンベの捨て方が話題になっているからぼくも気になって調べてみたんだよ。


まず、最近販売されているほとんどのスプレー缶には「ガス抜きキャップ」が装着されているんだって「ガス抜きキャップ」を使うと、缶の中のガスを使い切れるんだよ!とっても便利だよね~。


 ガス抜きキャップの例2 


スプレー缶によって色々種類があるようだから、注意してね。


カセットボンベについても、2007年4月以降に発売されたカセットコンロだと、ボンベの中のガスを全部使い切れる仕組みになっているから、火が消えるまで使い切れば大丈夫なようだよ。


★その他にも、大事なポイントが分かってきたから紹介するね!(^∇^)


スプレー缶などを使用したり、廃棄したりするときは、必ず書かれている注意事項をよく読んでね!

捨てる時は、必ず中身を使い切ってね!缶を振った時に「シャカシャカ」「チャプチャプ」音がした   り、ボタンを押して「シュー」と音がするものはまだ中身が残っているから、そのまま捨てるのはとっても危険だよ。「ガス抜きキャップ」を使ったりして、使い切るようにしてね!

中身を出し切るときは、絶対に、風通しのよい屋外で作業してね!スプレー缶などの多くは可燃性ガスを含んでいるから、静電気でも引火する可能性があるよ

ガスコンロの近くや、たばこを吸いながら作業を行うなど、火の気の近くでは絶対にガス抜き作業をしたらだめだよ


スプレー缶やカセットボンベの事故は、屋内でガス抜きをしたり、火の気の近くで作業を行ったことが原因であることが多いみたいだから、紹介したポイントを必ず守って、安全にスプレー缶やカセットボンベを捨てるようにしてね!


ガスを抜き切った後の詳しい捨て方は、みんなが住んでる地域で違うことがあるから、それぞれの市町村が決めている捨て方に従ってね。


一般社団法人日本エアゾール協会さんのホームページでは、「ガス抜きキャップ」の使い方などが詳しく説明されているよ。ぜひ、見てみてね。
http://www.aiaj.or.jp/mechanism.html


ここにも説明してるよ👇

https://www.pref.tottori.lg.jp/281942.htm

↓↓よろしければ、クリックを!! コメント(右下から)もお願いします。
ranking banner にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
プロフィール

ecotoripy QRコード 

Author: ecotoripy  home
エコトリピーです!!エコな生活をしてTEAS(テス、鳥取県版環境管理システム)III種を取得しました。 

u-japanベストプラクティス2009に選ばれました toritter
FC2カウンター
   【RSS】
↓よろしければ、クリックを!!
人気ブログランキングへ banner   にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 ◆イベントカレンダー  【登録】
環境関係リンク
カテゴリー
twitter
エコトリピー美術館
エコトリピー美術館
ブログ内検索
最近の記事
エコトリピーMap(マップ)
トリピーのエコ活動をMapで表示 mapicon mapicon アイコン
環境ニュース by Asahi.com
パラパラ電子本
エコかるた パラパラ電子本へ
トリピーのCO2排出量計算
消費電力: kw/h
都市ガス: m3
灯   油: L
ガソリン: L
最近のコメント
リンク集
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

環境イベント・活動情報投稿コーナー
身近で行われている環境イベント・活動をお寄せください。
ここをクリックして投稿してください。
メールフォーム
ブログへの投稿は、次のフォームからお願いします。また、画像を添付したい場合は、メールでお願いします。宛先はecotoripy@live.jpです。

名前:
メール:
件名:
本文:

このブログの運営
このブログは、鳥取県生活環境部環境立県推進課が運営しています。 tel:0857-26-7205
mail:kankyourikken@pref.tottori.jp    サイトポリシー
Copyright (C) 2008-2009 Tottori Prefectural Government. All rights reserved.
QRコード
このブログは携帯電話からもアクセスできます
QR